ホーム > Others > Ishinomaki: Special Trip report from TBC members!

Ishinomaki: Special Trip report from TBC members!

717日~22

1日目: サトウさんの家に立ち寄りました。その日はすご~い風でしたが、風にもめげずひまわりが1輪咲いていました。

この日は、台風の余波ですご~い風!!
サトウ宅の1F壁の中がすごい、カビでした。お母さんは、未だにキッチンが使えない状態でした、、。

N宅にも寄って、元気なガンコちゃんに会ってきました。津波被害の後遺症はまだありますとNさんのお父様に聞き、胸が痛みました。動物たちにも『心のケア』は必要ではないか!!

2日目: 仮設住宅へ招かれて、ランチをご馳走になって来ました!

飯野川中学校に居た人々が今は、この仮設住宅へ入居されました。

冷房、冷蔵庫はありました。ハエと蟻が部屋の中へ直ぐ入るので困ると言われていました。《色々と細かいところが不便!!》

左側が玄関、右側が前の家の寝室。洗濯物が干せない!

現在の仮設住宅で必要な事は、人と触れ合うコミュニティ作りと言われた。

ここにベンチ椅子などを置いて触れ合いの場を作れたらな~そしてお花を置いて・・・音楽もいいね。。。

バーベキューとかミニコンサートなどもいいね~と言われた。

私達は、出かけて行って皆さんと交わりの時を持ちたいですね!

仮設住宅の人との触れ合い・・・ここに居た方々は、本当に親切な人ばかりでした。東北の人々の謙虚で人に対する思いやりにあふれておりました。

 飯野川中学校の避難所にいた人々は今・・・

仮設住宅に入居、今野りかさんとご主人、息子のK君4歳。K君のガールフレンドこころちゃん3才とお母さんとお姉さんも一緒にハイポーズ!皆さん素敵な笑顔ですが、地震津波以後のストレスが身体症状として表れていました・・・一見何事もないように見えるのだが、K君は、赤ちゃんがえり症になり、おむつをしなくてはならない状態だそうです。それに食欲もないそうです。お母さんは、飲食する度に全身がかゆくアレルギー反応に悩まされると言う。特に水を飲むと、ぜんそくのような症状がでるという。

ここは別の仮設住宅の人々・・・ここにいる人は、ビックバンより来た人達。男性もビックバンに居た被災者です。現在は、車で行商をして生活を支えていらっしゃいました。この車は、人々の必要とする物(野菜、調味料、魚、肉、)なんでも運んでくるようです。 (茹でたとうもろこしはとても甘くて美味しかった!)

カテゴリー:Others
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。