ホーム > Kamaishi (釜石市), Testimonials (証) > Testimonial: Kamaishi Team #6

Testimonial: Kamaishi Team #6

10月5日(水)-10月10日(月)

子供1人含む10人のチームが岩手県大槌町の吉里吉里を訪れました。ハンドマッサージ付のカフェを3日間3か所で開き、半日礼拝、半日草むしりの作業をしました。 前回チーム#5が訪れた時、大槌町の小鎚と和野で、それぞれ1日100人近い方が来てくださり、その後も交流が続いていました。特に、TBCから洗剤、電気ポット、ガス炊飯器を送ったIさんは、次回チームが来る時にはぜひ、自宅に泊まってほしいと申し出てくださっていました。当初泊まらせていただく予定だった吉里吉里のTさん宅の修理が間にあわなくなり、急遽Iさん宅に宿泊することになりました。 Iさんは、朝晩、私たちの食事を作ってもてなしてくださりました。ご主人や職場だったサロンを津波で失うという苦しみの中にありながら、ユーモアあふれる温かさで私たちの活動を支えてくださいました。途中からは、ハンドマッサージにもスタッフの1人として参加してくださいました。私たちが滞在中、お姉様が亡くなられたため、関東在住の弟さんや妹さんも加わり、良い時間を過ごすことができました。

現地の方がチラシを配りお声かけをしてくださり、 1日目、子鎚に約60人、和野に約70人、吉里吉里に約120人の来場者がありました。周りの人を想い、復興のために懸命に生きていらっしゃる被災者の方がたの熱い想いを感じました。吉里吉里でカフェの準備をしている時、1人のおばあちゃんに呼ばれました。「誰か、1人でもいいからここにきて話をして」という呼びかけでした。その声が聞こえたのは私だけだったので、急いでおばあちゃんの所に行きました。おばあちゃんは手に讃美歌を持っていて、「まきびとなんとか・・・という歌を探してほしい」とおっしゃるのです。その69歳のおばあちゃんは高校時代にスイス人の神父さんから英語を習っていた関係で、讃美歌や聖書の言葉がずっと心に残っていたそうです。神様から離れてしまった自分を悔やんでいました。 「まきびとひつじは」や「いつくしみふかき」を歌うと、涙を流して喜ばれました。『~主イエスは生まれぬ~』という箇所を歌い、「イエス様が生まれたのはおばあちゃんのためなんですよ。」と言うと、「わかってます」と返ってきました。ヨハネ14:6を文語で暗記していて、ずっと信じていたというおばあちゃん。福音を簡単に説明し、ひとつひとつ受け入れることができるかどうか確認してから、心で信じていることを口で告白する必要を説明し、祈りに導きました。 神様は50年以上もの間、このおばあちゃんの心に蒔いた聖書の言葉や讃美歌を通して語り続けてくださりました。さらに、足が悪いこのおばあちゃんを命がけで守ったおじいちゃんも一緒に地震や津波から守ってくださったのです。 おばあちゃんは、試練や困難が続いた人生の中で、創価学会の信者になっていたので、これからは特別なフォローアップが必要だと思います。

翌日は、吉里吉里のTさんのご厚意で、リフォームされたばかりの立派なお宅にて、私たち9人と現地の方9人、合わせて18人で礼拝を守ることができました。「いつくしみふかき」、「Still」、「君は愛されるため生まれた」を歌った時、和野の仮設住宅から参加された方が泣いていらっしゃったそうです。武先生を通して語られたマタイ6章の御言葉とお話も参加者の心に響いたようでした。武先生が訳された「Still」の歌詞も3月から今も続く苦しみや痛みをすべてご存じでいらっしゃる神様の存在を参加者に感じさせてくれたと思います。どこに行っても、温かい歓迎とおもてなしを受け、たくさんの秋刀魚のお土産をもって、東京に戻ってきました。ミッショントリップに参加したすべての参加者が、神様に導かれて、自分にできる最高のことをさせていただいたミッショントリップだったと思います。

~イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」ヨハネ14章6節~

  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。