アーカイブ

Archive for the ‘Testimonials (証)’ Category

Testimony | Ishinomaki Mission Team#24

11月 30, 2011 コメントをどうぞ

2011年11月19-21日

当日は朝から雨が強く、冷え込んでいたのでまずは道中の無事を祈りながら現地へ向かいました。

その日は、以前のチームがバーベキューを行った水押球場の仮設住宅で知り合ったAさんご夫妻と夕食を取りながらいろいろな話を伺いました。Aさんは趣味で写真を撮っている方で、津波で家も娘さんとお孫さんも失い、この津波の恐ろしさを風化させてはいけない、これからまた大きな地震が来たときに同じ被害があってはいけないとの思いから現在では様々な被害状況を撮影し、また復興支援で出会った人たちを撮影しながら津波に事実を伝える活動をされています。これから写真展などの講演をされるの予定があるようで、活動の場が広がっているのです。Aさんは以前のチームが訪れた時、メンバーの一人がじっくりと話を聞き、本当の神様の愛ある行動により、心を開いてくれたようです。その結果、私たちチームには会って直ぐにいろいろなお話をしてくださいました。

日曜日はとても良い天気に恵まれ、主の恵みによりしばらくぶりの暖かい日でした。TBC@石巻では礼拝の準備をしながら、ホットドックとケーキとマフィン、コーヒーを昼食に用意しました。また、この辺りではそれほどクリスマスを盛大に行事化してはいなかったこともあり、クリスマスの本当の意味を知ってもらおうとクリスマスカードにメッセージを書いてプレゼントと一緒にお配りしました。

礼拝には7名ほど来てくだり、礼拝に来ると気持ちも落ち着いて、楽しいと言ってくださる方もあり、不便な生活の中でもこうして主の力で慰められていく事の大切さを感じました。TBC始め周辺の建物をボランティアで修理してくださっているIさんは、交わりの中で勧められ、この日初めて自分で主に向かって祈りました。心が落ち着いてとても嬉しいと、これからも毎日祈ってみると話していました。

その後は、福音を届けるため、ミッションでお知り合いになった方が住まわれる、湊小地区に向かいました。集合住宅の集会所がちょうど改築が終わり、利用するのは私達が始めてということでこちらで物資の提供をさせて頂きました。寒さも強まってくる時期でしたので、冬の衣類の需要もあり寄付で集まった物資とケーキとコーヒー、パンなどを配りながら福音を伝えました。物資はずいぶん流通するようになったとはいえ、いまだに必要がある人たちもいるのです。また、聖書をお渡ししながら自己紹介していると「私まだ貰っていない。」「私にも下さい。」とみなさんが受け取られました。200名程の方々が訪れました。今後、聖書のみことばに触れ、心に平安があるようにと祈るばかりです。

夜には、以前から訪れていた仮設住宅の方々数名と一緒に夕食の交わりを持ちました。TBCのクリスマスコンサートへのお誘いです。やはり普段は家にいるだけが多く、外出の予定があるだけでも気分転換になるようです。女性がきれいにお化粧をして嬉しそうに来て頂いた姿が印象的でした。

最後の日も朝は天気が良く、3か所の仮設住宅を回ってケーキを配り、クリスマスコンサートへ招待する方々にあいさつに行きました。最後にAさんのところに伺うと、家の中へ私たちを入れてくださいました。不便な生活を人に見せたくないと思う方が多い中で、私たちを招いてくださった。それだけ心を開いてくださったのだと感謝しました。彼は津波の時間で時が止まったままの時計を見つけて大事にしています。出会った人たちとその時計を撮影していく、その計画に私たちも参加することができました。

帰りは寒さが戻ってきて、雨も降りだしましたが、主がその道中も守ってくださいました。

これから寒く、日も短くなっていきます。そのような状況の中で、落ち着きを取り戻した方々が心の問題に悩まされるのではないかと不安もあります。まさに福音が必要となるのはこれからかもしれません。今後も神様のご計画に基づいた復興支援活動と、そのために集められている方々、そして東北の皆様の救いのために祈ります。

実際の活動にご参加できない方々にも、ぜひお祈りのサポートを引き続きお願いしたいと思います。

Ms. T.Y.

Testimonial : Ishinomaki Team#21

10月 20, 2011 コメントをどうぞ

Testimonial shared by a leader of team#21 :

With the previous trips I joined, I noticed that most team members tend to be very light in the conversations with the survivors (especially if it is their first time to meet the individual) and even when there is an opportunity to share the Gospel, they seem to think that this is not the appropriate time and too early and aggressive to share immediately.

Considering that most team members are first time participants and since the areas and the people we minister to changes from time to time, this approach will never get us to our goal to clearly share the Gospel. Since I am the team lead this time, by God’s grace, I had the opportunity to move the team towards seeing & experiencing the importance of daily devotions, prayer & seizing the opportunity to share the Gospel and to not dwell too much on the results but to leave to the Holy Spirit the convicting part.

Praise God that the prompting to share through the energizing power of the Holy Spirit  (while on the site during the massage) led our team members to boldly share the Gospel and saw how open and receptive the survivors are. Most of the survivors we ministered to heard the Gospel clearly and therefore had the seed planted. Praise God that one person at the Iinogawa Temporary housing made the decision to receive Jesus as her Lord and Savior. Asking God to just continue to water the seeds planted ready for harvest in His time.

The team was indeed a team pulled together by God Himself. Considering the team was only formed less than a week before the mission trip schedule, with very minimal time for preparation and communications within the team God led the whole team into a new spiritual height by experiencing the importance of prayer, great fellowship & ministering with fellow brethren and the opportunity to partner together in sharing the Good News to all we had in contact with.

It was such an awesome and great adventure filled with God’s amazing surprises and miracles as He worked through us, around us and in us. It was truly a blessing witnessing God’s Mighty hands at work; the heart to heart conversations we had with those we ministered with; the special strength and the spontaneous massage techniques we did (to their extreme delight and stress relieving session, as if we were really professional masseurs); each one of us taking part in His divine appointments with opportunites to clearly share the Gospel; the great and powerful prayer times we had surrendering Tohoku and Japan to Jesus and claiming the land for Christ; the great fellowship time and massage services each one of us received from each other (the whole team in 1 van is such a great thing!); how God used the Sunday worship service through the message, testimony and singing in ministering to those who attended, and personally witnessing the wonders of His convicting power in drawing people to His kingdom with the manifested salvation experience of the lady and some individuals who are very close to making decisions .
And above all – as we were there to minister and be a blessing to the survivors, we were in turn were the ones so much blessed.

Such a wonderful showcase of the principle

“Being blessed by being a blessing.”

Praise God for what He accomplished through Team 21 during such a short period. To Him belong all glory, honor and praise!

 

 

 

Testimonial: Kamaishi Team #6

10月 13, 2011 コメントをどうぞ

10月5日(水)-10月10日(月)

子供1人含む10人のチームが岩手県大槌町の吉里吉里を訪れました。ハンドマッサージ付のカフェを3日間3か所で開き、半日礼拝、半日草むしりの作業をしました。 前回チーム#5が訪れた時、大槌町の小鎚と和野で、それぞれ1日100人近い方が来てくださり、その後も交流が続いていました。特に、TBCから洗剤、電気ポット、ガス炊飯器を送ったIさんは、次回チームが来る時にはぜひ、自宅に泊まってほしいと申し出てくださっていました。当初泊まらせていただく予定だった吉里吉里のTさん宅の修理が間にあわなくなり、急遽Iさん宅に宿泊することになりました。 Iさんは、朝晩、私たちの食事を作ってもてなしてくださりました。ご主人や職場だったサロンを津波で失うという苦しみの中にありながら、ユーモアあふれる温かさで私たちの活動を支えてくださいました。途中からは、ハンドマッサージにもスタッフの1人として参加してくださいました。私たちが滞在中、お姉様が亡くなられたため、関東在住の弟さんや妹さんも加わり、良い時間を過ごすことができました。

現地の方がチラシを配りお声かけをしてくださり、 1日目、子鎚に約60人、和野に約70人、吉里吉里に約120人の来場者がありました。周りの人を想い、復興のために懸命に生きていらっしゃる被災者の方がたの熱い想いを感じました。吉里吉里でカフェの準備をしている時、1人のおばあちゃんに呼ばれました。「誰か、1人でもいいからここにきて話をして」という呼びかけでした。その声が聞こえたのは私だけだったので、急いでおばあちゃんの所に行きました。おばあちゃんは手に讃美歌を持っていて、「まきびとなんとか・・・という歌を探してほしい」とおっしゃるのです。その69歳のおばあちゃんは高校時代にスイス人の神父さんから英語を習っていた関係で、讃美歌や聖書の言葉がずっと心に残っていたそうです。神様から離れてしまった自分を悔やんでいました。 「まきびとひつじは」や「いつくしみふかき」を歌うと、涙を流して喜ばれました。『~主イエスは生まれぬ~』という箇所を歌い、「イエス様が生まれたのはおばあちゃんのためなんですよ。」と言うと、「わかってます」と返ってきました。ヨハネ14:6を文語で暗記していて、ずっと信じていたというおばあちゃん。福音を簡単に説明し、ひとつひとつ受け入れることができるかどうか確認してから、心で信じていることを口で告白する必要を説明し、祈りに導きました。 神様は50年以上もの間、このおばあちゃんの心に蒔いた聖書の言葉や讃美歌を通して語り続けてくださりました。さらに、足が悪いこのおばあちゃんを命がけで守ったおじいちゃんも一緒に地震や津波から守ってくださったのです。 おばあちゃんは、試練や困難が続いた人生の中で、創価学会の信者になっていたので、これからは特別なフォローアップが必要だと思います。

翌日は、吉里吉里のTさんのご厚意で、リフォームされたばかりの立派なお宅にて、私たち9人と現地の方9人、合わせて18人で礼拝を守ることができました。「いつくしみふかき」、「Still」、「君は愛されるため生まれた」を歌った時、和野の仮設住宅から参加された方が泣いていらっしゃったそうです。武先生を通して語られたマタイ6章の御言葉とお話も参加者の心に響いたようでした。武先生が訳された「Still」の歌詞も3月から今も続く苦しみや痛みをすべてご存じでいらっしゃる神様の存在を参加者に感じさせてくれたと思います。どこに行っても、温かい歓迎とおもてなしを受け、たくさんの秋刀魚のお土産をもって、東京に戻ってきました。ミッショントリップに参加したすべての参加者が、神様に導かれて、自分にできる最高のことをさせていただいたミッショントリップだったと思います。

~イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」ヨハネ14章6節~

Testimonial: Ishinomaki Team#19

9月 20, 2011 コメントをどうぞ

Ishinomaki Team#19 Sept. 17th- 19th, 2011

When the Great Earthquake and Tsunami hit Northeast Japan on March 11th, we(TBC) were called to bring Good News to the survivors of the region. Many survivors have lost their loved ones and everything, every belonging and even to a hope and a purpose to live. Indeed, God has opened the door for us to reach out to these survivors who lost their hope. 6months have passed since March11th, but we believe that the door is still WIDELY open for us to GO and to evangelize.

First day… God has gathered 12 members to GO as Team#19 to Ishinomaki from Sept.17th to 19th. As I was personally praying for this opportunity to Go, I thank the Lord for answering the prayer. The team, led by Pastor Joel, decided to be as flexible as possible regarding schedule and what to do during the stay… because we wanted our Father to show us and direct us to whatever we must do while we are there. The long weekend started with some traffic jam, but the team arrived safely to Ishinomaki.

Second day… God blessed TBC@Ishinomaki with Sunday worship service with 7 non-believers and a baptism of recently convicted lady (Ms.R)! We praise God for the privilege to witness her baptism. Ms.R is very friendly, energetic and kind, but experienced discrimination while she was living in a refugee center because of her nationality. This loneliness was killing her very sensitive heart… TBC Go-Relief members have kept supporting her mentally and to meet her/her family’s physical needs; she accepted Christ as her personal Lord and Saviour the week before and made a decision to be baptized. 

After the worship service on Sunday, the team including Ms.R left to a temporary housing nearby. We planned a small concert by our brother in Chrsit, Mr.D. and Hand massage (with prayers and Gospel sharing) using a space provided. I don’t know how many people came… so many! God has softly touched the hearts of the visitors with our massage and conversations over nice coffee and chocolates. One lady confessed and accepted Christ this time. Her soul was ready for HARVEST.

God Use Me!!  (G.U.M.)

  “Do not merely listen to the word, and so deceive yourselves. Do what it says.” James 1:22

Hand massage and any kind of body touch helped the members to practically show the love of Christ to the people. Both ladies and guys loved it! We found out that their shoulders and hands were so sore and stiff, because they have been staying in a small space with no chance to go out so much and also because of their nervousness and mental tiredness from fear for never ending aftershocks…

One old lady that I gave a hand massage to… She was smiling but didn’t speak to me for the first 5minutes or so… I did not know what I had to say or what I should ask… but by God’s grace and power, I asked her “How are you?” The lady replied that she lost her husband and a child and that no one is left in her family. She didn’t cry at all while she was sharing. Another silence… Did not know what to say. After the massage, she kindly accepted my offer of prayers. I prayed with her by holding her hands together; as I prayed for healing and salvation and the hope to live for ETERNITY, she started crying. After the prayer, she talked to me more about her experience and that she feels safe and secure with us… I praise the Lord for only the love of God can change the hearts of the people!

It was also encouraging to see a new believer Ms.R was naturally serving with us! We pray for her growth in faith and discipleship.

Third day… The team went to God Open-Handed (group devotion based on Micah 6:6-8 and Psalm 51:17) in the morning. Believing and trusting that God will show His glory and wonderful work this day if we go to Him empty hands.

“The sacrifice you desire is a broken spirit. You will not reject a broken and repentant heart, O God. Psalm 51:17”

God brought the team to one of the most devastated areas of Ishinomaki closer to the shore. Houses were swept away… I stood there for a while, imaging how I would feel if one of the houses were mine… Sadness and brokenness surrounded the area. We could only hope that God allowed this to happen to save MANY lives for eternity. The team gathered in circle to pray for the hearts of the survivors from the region and for rebuilding of the neighbourhood.

After the prayer, the team headed to Ms.S’s house to see how she is doing. She lost her husband from the tsunami and lives by herself in a house. As the team gathered in circle again to pray for Ms.S and for her neighbourhood, another old lady, Ms.A with tears in her eyes, asked if she could join in our prayer circle… I held her hand and asked God to SAVE her and the victims in the area. After several members prayed, Pastor Joel shared Gospel to Ms.A. She accepted Christ as her personal Lord and Saviour! Praise God!

After she prayed to receive forgiveness and faith in Christ, Pastor Joel asked her “Where is Jesus?” She said at loud “In MY HEART!”

God is so Good! The team of 12 members were all humbled by God’s great love and His Mighty works. All Glory belong to God! Brothers and Sisters in Christ Jesus…Please praise His Name with us! He SAVES!

For anyone interested to join Go-Relief team, please start praying about it. He will answer your prayers!

Next Generation Team#2: Ishinomaki

6月 26, 2011 コメントをどうぞ

6月24日、私たちネクストジェネレーションのチーム約30名がTBCを出発して、宮城県に向かった。バスの中で第1コリントの13章を読み、みんなで東京、埼玉、群馬、栃木、茨城、福島、通過するごとに祈る。
そして6月25日、いよいよクリーンアップの日。朝、みんなで集合してディボーションタイム。そのとき、ジョエル牧師の教えてくれた「私たちはボランティアではない。キリストがされたのと同じように人々にServeするため、Servantになるために来た」という言葉を心に刻む。その後、グループに分かれ、クリーンアップへ。私は小さな子どもたちが3人いる、エンドウさんのお宅へ。エンドウさんの家は、一階が津波に襲われ、泥だらけになっていたのを今までのミッションチームがこつこつと片付け続けて、私たちが行ったのがエンドウさん家の掃除の最終日だった。
外壁と梁、柱だけが残った一階の石膏のかけらや釘、泥を掃除。本当に、本来なら大工さんがするようなことを、人手と助けがなく、普通の奥さんがやらなければならない状況。エンドウさんの奥さんは疲れきった、あきらめたような表情だった。午後、片付けは終わったが、柱だけになった一階を見て、これからこの家族はどうしていくんだろう、という思いが消えなかった。それでも、家がきれいになった頃には、エンドウさんの顔にも、少し笑みが戻っていたように思った。クリーンアップの間に同じチームの姉妹が奥さんに福音をシェアしてくれた。

クリーンアップのあと、BBQの炊き出しへ。20人くらいが並ぶ。食事を待つ間、並んでいる人に話しかけようとするが、なかなか声を掛けられない。そのうち、小学5年生のHINAちゃんとAKARIちゃんに話しかけると、家でお姉さんが待っているというので、お姉さんの分の食事も持って、二人を家まで送って行くことになった。地震が起きる前は同じ小学校に通っていたというふたり。今は被害にあったふたりの学校は廃校が決まり、別々の学校に通っているという。お父さんやお母さんはどうしているの、と聞きそうになって、ぐっと言葉を飲みこむ。誰が助かって誰が亡くなったかなんて、安易に聞いてはいけない気がした。道々、二人に福音をシェアしていましたが、途中で家に着いてしまった。でも、二人とも初めてイエスさまの名前を聞くと言っていた。イエスさまが神様であることだけでも伝えられてよかった。
炊き出しの場所に戻り、小さな子どもを連れていた二人のフィリピン人の女性と話す事ができた。子どもたちのうち、お姉ちゃんのマナカちゃんを抱かせてもらい、ご飯を食べさせながら、マナカちゃんのママの友人のエリさんと話をする。カトリックだというので、「何か祈れることはありますか」と聞くと、それまでにこにこと話していたエリさんが一瞬言葉につまり、じっと前を見つめて、「早く元に戻るように。いつ元通りになるか分からないけど」と言った姿が強く心に残っている。そして、エリさんと祈って別れた。

最終日、炊き出し場のあったナカザトさんのお家で礼拝。なぜか前日から募っていた苛立ちがここへきてピークに。賛美も祈ることもできなかった。言葉が出てこなくて、今までエンドウさんやAKARIちゃんたち、他のママさんたちやエリさんから聞いたこと、たくさん目にした泥まみれの家、ピアノや炊飯器…そういうものが頭の中にあふれて、ただ涙ばかり流れた。礼拝でクリス牧師が、自分たちはボランティアやったんだって思いで高ぶらないようにと語ってくれたけど、私のうちには、何もできなかったと言う思いでいっぱいだった。掃除はした。炊き出しもやった。でもこの大きな災害の前では、何もできなかったに等しい、とただただ自分の無力さを感じた。こんなにたくさんの助けが必要とされているのに、何もできなかった。それがとても悲しかった。でもだからこそ、この地域や人々を救い、癒せるのは神様しかいない、ここに神様が必要だと思った。

そして、最後に一番被害の酷かった女川へ。そこは、戦場のような荒地が累々と続いていた。津波あとというより、爆心地という感じに破壊され尽くしている。ここに3ヶ月前には、亡くなった人たちの手足が転がっていたという。今は何が立っていたのか、土地の境目もまったく分からない瓦礫の山。

            だけど、ここに、この荒地の上に、神様の永遠の希望の光が灯ったら…と思った。

家や服や、豊かなくらしや、そういうものに隠されて、今までイエスさまを見つけられなかった人たちが、隠せるものが何もなくなったこの場所でなら、イエスさま、本当の希望の光が昇るのを見つけられるかもしれない。

エンドウさんの奥さんも、この地震で今まで見えなかったこと、アメリカや東京から自分たちを助けたいと思って来る人たちがいることも、こうなったから初めて見えるようになったと。今まで、人々が見つけることのできなかった本当の希望の光、イエス様がこの瓦礫の上にのぼり、瓦礫の中から、人々がそれを見出だせますように。
本当にそれだけが、無力な私にとっても唯一の希望だ。

「どうか、私たちの主イエスキリストと、私たちの父なる神、即ち私たちを愛し、恵みによって、永遠の慰めとすばらしい望みとを与えて下さった方ご自身が、あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなた方の心を慰め、強めて下さいますように。」
第2テサロニケ2:16~17    Testimonial by M.K.

カテゴリー:Testimonials (証)

Kamaishi Team#2: Testimony

Ishinomaki Team#11: Cleaning…!

June 4th, 2011 to June 6th, 2011

I wanted to participate in NEJ Go-Relief Mission Trip ever since the big earthquake, and finally God gave me the opportunity! I kept praying to God “Please give me the opportunity to go to the Northeast region in Japan to help the people there”. Many Christians have helped me; this is a big reason why I became a Christian. So, just as my Christian friends did for me, I wanted to do something for the people in need in return.

We arrived at Ishinomaki, where we could find many ruin. We worked for renovations of apartments. We peeled the floor, wall and scooped mud and sand that were drained from the sea. They were so heavy and dirty, but we knew that the owner of the apartments would rent them to single mothers by cheap rental fee. After we heard that we were given more energy and power for the people. We very much cooperated to work for the purpose that they would live here someday!

We of course had a risk to be there, radioactivity, expecting more aftershocks. Nobody but God knows. However, even though we were at risk, I once gave my life to God; and He gave me new life each day so I can devote my life to do the work.

I really thank God that He gave me the wonderful team members whom I went with. It was such a wonderful grace for me. I continue to pray for the people there. There are still much work to be done for them to have safe and normal life back again. May God guide us(TBC members) to do the best for the people there.

Thank you so much, again, for the opportunity to participate in NEJ Go-Relief Mission Trip. May we continue to work hard to let the people know God’s presence and unfailing love and that God is at work in the region!

Testimony shared by Ms. I.T.

———-

6月4日(土)〜6月6日(月)

東北地方太平洋沖地震以降、NEJ Go-Reliefミッションに参加したいと祈り求めており、今回やっと神様からそのチャンスを得ました。多くのクリスチャンの方々が私を助けてくださった様に、私も東北の方々の助け手となりたかったのです。

石巻市に到着したとき、あまりもの瓦礫の山に驚きました。アパートや家々のレノベーションをしました。床や壁紙をはがしたり、泥や砂を除去したりしました。とても重くて汚かったけれど、その場所が安い価格で母子家庭の方々にお貸しするということを聞き、一生懸命働きました。いつの日か、被災者の方々が住まわれることを想像しながらチーム一丸となりました。余震や放射線の危険もありました。神以外に知るものはいません。ただ、そのリスクすらも神に委ねて、もう一度私の全てを神に捧げました。

すばらしいチームメンバーと一緒に行けた恵みを神に感謝しています。未だに安全で普段の生活に戻るまでには労働が必要です。神が引き続き私たちTBCを導いて、東北の方々のために仕えられるように祈ります。NEJ Go-Reliefミッションの働きに参加させていただき、本当にありがとうございました。神の臨在と愛を東北の人々が知るために、私たちの奉仕が祝福されますように。

I.T.